流感になると関節痛になります。辛いですね…

退院してから約二ヶ月と三週。その間に関節痛で苦しんだこともあります。

私の場合は主に流感による関節痛で、のんびり寝ていてもじわじわと疼痛が発されるもので、やけに寝て入られませんでした。

そうして調べてみると、なんでも流感の関節痛は、「健康を治しているシンボル」なのだということを聞きました。なんでも、ウイルスにおいて白血球が対抗してとある分泌物を押し流すのですが、そうして出された分泌品・サイトカインは、大量に分泌されるといった臓器体系に悪影響を及ぼして仕舞うそうなのです。

そうして、その山積分泌を防ぐためにPGE2という物質がそれを阻止するそうなのです。

ただし、その阻止するPGE2のリアクションに関節の疼痛や情念があるそうです。

つまり、関節の痛みがある流感になったときは、下手に動かずひたすら流感が直るまで休むことが重要であると思います。

因みに流感薬の中には関節の疼痛に効く薬もあるそうなので、それを飲み込むことも答えのひとつになるかも知れません。

私も間もなくに備えて、ロキソニンだけでなく流感薬も用意しておこうと思います。

今冬は依然としてばかりにて始まったばかり。流感防止などをして、健康に過ごしていきましょう。

私も歩いてスタミナを付けようと思います……。男性の場合のγ-GTPの基準値はいくつ?

正に現在コンディションがおかしいんだけれどこれって更年期の力不足?

昔から生理不順でお母様科にはぐっすりお世話になっていて、生理痛も凄い結果、桂枝茯苓丸という漢方薬を飲んである。

最近の私の体調不良としては、目眩や耳鳴り、こういう目眩はちゃんとぶらりと訪れるので焦ってしまう。そうしてはからずも自分1人だけが甚だ暑かったりして、
一家といったいると自分だけが暑がっているのでそこでやっと皆が暑くないに関してに気づいて驚いたりしています。

これってひょっとしたら更年期なんだろうか?それほど思うのですが、生理は、元々不順なのでしばしばわかりません。お母様科の医院の医者に更年期なんですかねぇ?と聞きましたが、
その辺は依然わからないといった兆候でした。

更年期かどうか必ずやわかったらなぁとしてある。こうした見立てがあればいいなと思います。
何せ、耳鳴りや、目眩、突然の頭痛。。。って体の不定愁訴がいっぱいあって、何か他の小さい病魔なのかなという思ったりもしました。もしもこれが更年期というちゃんとわかれば逆に大丈夫できそうです。

それにしても幼子がびっちり思春期のこの時期にいよいよ自分も更年期に攻撃していくかと思うと、はじめて慌しい30代から、抜けたのに、ママのライフスタイルは、
ホルモンによってまずまず大変なと思います。

も、徐々にきたるべき更年期に関して、昔懐かしいお気に入りのCDなどを集めて、やっと年中面白く送っていきたいなと思っています。midorimushi-spl.com